【男子】全日本学生選手権準決勝 大阪体育大戦

本日行われました全日本学生選手権準決勝・大阪体育大戦の試合結果です。

早稲田大学 28(16-16、12-16)32 大阪体育大学

11/13(火)13:30 丸善インテックアリーナ大阪

以上の通り敗戦いたしました。

この試合の写真はこちら

早稲田スポーツの記事はこちら

【戦評】

前日の激戦から一夜明け、決勝進出をかけて地元・大阪体育大との準決勝に臨んだ。山﨑純平主将(社学4年、岩手・不来方高)のステップシュートで先制点を挙げると、そこから山﨑が5本連続でステップ、カットイン、ロングシュートを決め、早稲田に流れを呼び寄せた。小畠夕輝(スポ科4年、岡山・総社高)、伊舎堂博武(社学4年、沖縄・興南高)、四十宮実成(政経4年、徳島市立高)と前半中盤すぎまで早稲田がペースを握り、次々とシュートを決めて前半23分で16-11とリードを奪う。しかし、大体大がディフェンスシステムを1-2-3に変更したところから一気にペースダウン。前半23分以降得点できず、相手の逆速攻と強烈なロングシュートでみるみるうちに差が縮まり、同点に追い付かれて前半が終わった。

前半気迫のシュートを決め続けた山﨑

そして後半、先に失点したのは早稲田だった。前半終盤の勢いのまま逆転を許してしまい、2点差、3点差と点差を広げられてしまう。その悪い流れの中で小畠が退場するなど、オフェンスで反撃の時間帯をつくれない。それでも、後半にこの試合初めて三輪颯馬副将(スポ科4年、愛知高)に得点が生まれ、三輪に代わって入った前田理玖(スポ科2年、福井・高志高)もシュートを決めるなどなんとか3点差のまま食らい付く。そして後半18分、ついに粘りに粘って伊舎堂のシュートで1点差まで詰め寄った。しかし、ここから前日のような粘りは見られなかった。相手のロングシュート、サイドシュートをなかなか止められず、GK羽諸大雅(スポ科3年、千葉・市川高)も好セーブを連発したものの、同点に追い付くどころか再び点差を離されて万事休す。日本一への挑戦権を得ることができず、3位で全日本学生選手権を終えた。

日本一の夢は叶わなかった

これにて全日本学生選手権は終了しました。

応援ありがとうございました。

三年 佐藤慎太郎

NO. 選手名 前半 後半 合計
2 山﨑純平 5 3 8
3 伊舎堂博武 3 3 6
4 小畠夕輝 4 2 6
5 高橋拓也 2 0 2
6 宗海皓己 0 0 0
7 阿南遼星 0 0 0
8 前田理玖 0 1 1
9 四十宮実成 1 1 2
14 青沼健太 0 0 0
17 清原秀介 1 0 1
18 三輪颯馬 0 2 2
19 遠藤瞭 0 0 0
21 福田友貴 0 0 0
22 宮國義志 0 0 0
合計 16 12 28

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です