【男子】全日本学生選手権2回戦 大同大戦

本日行われました全日本学生選手権2回戦・大同大戦の試合結果です。

早稲田大学 30(14-12、16-13)25 大同大学

11/11(日)13:00 丸善インテックアリーナ大阪

以上の通り勝利いたしました。

この試合の写真はこちら

早稲田スポーツの記事はこちら

【戦評】

勝ち上がれば連戦が続く全日本学生選手権、2回戦に駒を進めた早稲田はシード校の大同大学との対戦だった。相手エースの逆45に2連取されて先行を許すが、早稲田も小畠夕輝(スポ科4年、岡山・総社高)、伊舎堂博武副将(社学4年、沖縄・興南高)のカットインで取り返す。序盤から一進一退の攻防が続いたが、やや大同大が押すような展開で前半序盤は進んでいった。中盤になると相手のミスを誘発し始め、山﨑純平主将(社学4年、岩手・不来方高)、清原秀介(商3年、東京・早実高)のカットインで流れをつかみ、小畠、伊舎堂のシュートで8-10と逆転。相手エースの対応と3-3DFの崩しがうまくはまり、攻守でリズムに乗っていった。終了間際にシュートミスでうまく追加点を奪えなかったが、14-12と2点のリードを奪って前半が終了。

GK永田奈音(スポ科4年、宮崎・小林秀峰高)は7mTを阻止

そして後半、一気に点差を広げにかかったのは早稲田だった。小畠のカットインを皮切りに三輪颯馬副将(スポ科4年、愛知高)、清原の速攻が決まり、ベンチ、応援席のムードも最高潮に。一時は9点ものリードを奪うことに成功した。このままのリードを保っていきたいところだったが、早い段階での選手交代など少しずつ攻め手を欠くようになり、大同大の追い上げを許す。その中でも、要所で宮國義志(社学3年、沖縄・浦添高)が突破し、さらにはインカレ初出場の山本慶(スポ科2年、長野・屋代高)が持ち味を存分に生かしてカットインを決め、7mスローを獲得するなど存在感を見せた。残り4分で3点差まで詰め寄られたが、山﨑、三輪がダメ押しのゴール。三輪はパフォーマンスで、応援席も新しい応援でチームを盛り上げた。この流れを維持し、明日、3回戦で春・秋で1勝1敗の筑波大との決着をつける。

応援席も一体となって戦った

3回戦は明日11月12日(月)13時30分より、大阪・丸善インテックアリーナAコートにて筑波大学との対戦です。

応援よろしくお願いします。

三年 佐藤慎太郎

NO. 選手名 前半 後半 合計
2 山﨑純平 1 1 2
3 伊舎堂博武 4 1 5
4 小畠夕輝 4 3 7
5 高橋拓也 0 0 0
6 宗海皓己 0 0 0
8 前田理玖 0 0 0
9 四十宮実成 0 0 0
10 山本慶 0 1 1
17 清原秀介 2 2 4
18 三輪颯馬 1 5 6
19 遠藤瞭 0 0 0
21 福田友貴 0 0 0
22 宮國義志 2 3 5
合計 14 16 30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です