【女子】インカレ2回戦 関西学院大学戦

本日行われましたインカレ第2回戦・関西学院大学戦の試合結果です。

早稲田大学 22(8-7、14-9)16 関西学院大学

11/11(日)10:00 丸善インテックアリーナ大阪

以上の通り勝利いたしました。

写真はこちら

【戦評】

昨日激戦を制した早稲田は、会場を変え新たな気持ちで試合に臨んだ。相手は今年6月の定期戦で17-17と引き分けた関西学院大学。序盤から得意の「守備からの速攻」で攻める早稲田だったが、相手キーパーの好セーブに阻まれ思うように得点できない時間が続く。しかし早稲田DFも、関西学院のキーマンを高めの守備で封じることで主導権を握らせず、互いに我慢の時間のまま前半7分を1-1で迎える。そして前半8分、久保涼子(スポ4 群馬・富岡東)のペナルティーゴールでチームに火が付くと、長らく目指してきた「守備からの速攻」が形となり、杉山瑞樹(社3 神奈川・横浜創英)が3得点。早稲田ペースで前半を8-7で折り返す。

昨日今日と大活躍の島崎(写真中央)

点差を開きたい後半、昨日とは打って変わり躍動したのは下級生だった。吉田瑞萌(スポ2 東京・佼成学園女)がミドルシュートやカットインで相手ディフェンスを翻弄すると、紅林詩乃(スポ1 東京・佼成学園女)は足で魅せ速攻から得点。中盤、関西学院の猛攻と吉田の退場から二点差に迫られピンチを招くも、後半18分に阿部美幸(スポ1 東京・佼成学園女)が守備に押し倒されながらも気迫の1点。この1点がチームを再び鼓舞し、ケガで秋季リーグ中は出場機会の減っていた金庭亜季(社4 群馬・富岡東)も自らの思いのこもったシュートで得点。守備から相手OFを崩しリズムを作った早稲田は、試合を通じて一度もリードを許さず完璧なゲームメイクで勝利をおさめた。

今日一番の盛り上がりを見せた金庭のゴール

準々決勝は明日11月12日(月)10時30分より、大阪・丸善インテックアリーナBコートにて東海大学との対戦です。

応援よろしくお願いします。

二年 大瀧真生子

【個人得点表】

No. 選手名 前半 後半 合計 通算
2 高田紗妃 0 0 0 0
3 金庭亜季 0 1 1 1
4 久保涼子 2 0 2 4
5 江島朋夏 0 0 0 1
6 山本彩椰 0 0 0 0
8 杉山瑞樹 3 2 5 8
9 伊地知華子 0 0 0 1
10 鳥平知穂 0 0 0 0
11 富永穂香 0 2 2 4
14 衣川直緒 0 0 0 0
15 吉田瑞萌 0 5 5 10
19 島崎愛 2 0 2 4
22 阿部美幸 0 2 2 6
24 紅林詩乃 1 2 3 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です