【男子】東日本学生選手権第3戦 金沢大学戦

本日行われました東日本学生選手権第3戦・金沢大戦の試合結果です。

早稲田大学 51(24-9、27-6)15 金沢大学

8/14(水)14:00 富山市総合体育館

以上の通り勝利いたしました。

この試合の写真はこちら

【戦評】

東日本学生選手権最終日は金沢大学との試合。勝ってインカレ出場権を獲得したい早稲田は宮國義志(社学4年 沖縄・浦添)のカットインで先制。しかしすぐに相手ディスタンスで失点すると、しばらくは今までになかった点の取り合いに。5分間で5-3というスコア。早稲田は青沼健太(社学2年 千葉・昭和学院)や宮國のシュートで効果的に加点していくものの、この3試合では最も失点ペースが速く、20分で9失点を喫した。しかしそこからは持ち味の堅守を発揮、速攻の数も増えていき、原遼太(スポ科3年 岡山・総社)や岡本隼(商3年 滋賀・彦根東)らディフェンスメンバーも速攻で得点を挙げるなど一気に加速。残り10分で10点を奪って前半を終えた。

初得点の山下

後半も全く攻撃の手を緩めなかった。前田理玖(スポ科3年 福井・高志)が15分で7得点。地元・金沢大学との対戦となった山下翔平(人科4年 石川・金沢桜丘)が公式戦初得点を、地元凱旋の村井達也(スポ科2年 富山・高岡向陵)が今大会初得点を決めるなど出場メンバーの多くが結果を残す。一方のディフェンスでは10分以上無失点の時間が続くなど圧倒的な安定感を見せ、次々と速攻が決まっていく。島田将平(社学3年 神奈川・鎌倉学園)、山田和直(スポ科1年 群馬・富岡)など多くの選手が得点を決め、残り30秒でついに50得点を突破。3試合を120得点、40失点と差をつけインカレ出場権を決めた。

地元凱旋得点を決めた村井

 

3勝で全日本学生選手権の出場権を獲得しました。応援ありがとうございました。

四年 佐藤慎太郎

 

No. 選手名 前半 後半 合計
2 清原秀介 3 0 3
3 前田理玖 2 10 12
4 山下翔平 0 2 2
5 中村祐貴 0 3 3
7 小林春慶 1 0 1
8 髙橋幸太 0 0 0
9 岡本隼 3 0 3
10 青沼健太 6 2 8
12 中村匠(GK)
14 山本慶 3 1 4
15 山田和直 0 3 3
16 羽諸大雅(GK)
18 島田将平 0 2 2
20 原遼太 1 0 1
21 村井達也 0 3 3
22 宮國義志 5 1 6
24 27 51

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です