【男子】早関定期戦 関西学院大学戦

本日行われました早関定期戦・関西学院大学戦の試合結果です。

早稲田大学 22(11-11、11-13)24 関西学院大学

6/29(土)15:30 早稲田アリーナ

以上の通り敗戦いたしました。

この試合の写真はこちら

【戦評】

今年完成した早稲田アリーナでの最初のハンドボールの試合となった早関定期戦。春季リーグ関西5位の関西学院大に序盤は先行を許す。3点を先行されたが宮國義志(社学4年 沖縄・浦添)、青沼健太(社学2年 千葉・昭和学院)と連続得点を挙げ、その後の得点ができない時間帯もセットDFとGK羽諸大雅(スポ科4年 千葉・市川)のセービングで粘り、点差を離されない。以後山本慶(スポ科3年 長野・屋代)、清原秀介主将(商4年 東京・早実)、山田和直(スポ科1年 群馬・富岡)と粘り強く得点を挙げていく。関西のスピードある攻撃や速攻に苦しみながらも同点で前半を終了した。

攻撃の起点となった宮國

 ハーフタイムには早稲田大学チアリーディング部・ショッカーズによるショーを開催。ショッカーズの方々の元気あふれると、アクロバティックなジャンプなど、会場も盛り上がった。

流れをつかみたかった後半序盤に攻め込まれ、5分で3点差を付けられる。しかしすぐに巻き返しを図る早稲田は清原、中村祐貴(スポ科3年 北海道・札幌西)、そして清原の連続速攻と一気に逆転し、流れをつかみかけたが、それも束の間、すぐにその流れも途切れてしまう。ミスが連発し逆速攻で再逆転される。DFでは粘り強さを見せたものの、ここ一番での際の部分で後手に回った。残り10分で3点差、4点差を追いかける展開となり、最後にオールコートマンツーで中村と宮國がシュートを決めたものの、2点差まで。早稲田アリーナでの最初の試合は黒星となった。

 

また現役戦前に行われたOB戦は、35(18-17、17-12)29で勝利いたしました。参加されたOBの皆様、ありがとうございました!

 

初の早稲田アリーナ開催となった早関定期戦。多くの観客の方にご来場いただきました。

応援ありがとうございました。

四年 佐藤慎太郎

No. 選手名 前半 後半 合計
2 清原秀介 1 4 5
3 前田理玖 0 1 1
4 山下翔平 0 0 0
5 中村祐貴 1 2 3
6 阿南遼星 0 0 0
7 小林春慶 0 0 0
9 岡本隼 0 0 0
10 青沼健太 3 0 3
12 中村匠(GK)
13 芦刈太一 0 0 0
14 山本慶 1 0 1
15 山田和直 1 1 2
16 羽諸大雅(GK)
18 島田将平 0 0 0
20 原遼太 0 0 0
22 宮國義志 4 3 7
23 村井達也 0 0 0
24 福田友貴 0 0 0
37 永橋優太朗 0 0 0
38 吉田春樹 0 0 0
11 11 22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です