【男子】全日本学生選手権1回戦 環太平洋大戦

本日行われました全日本学生選手権1回戦・環太平洋大戦の試合結果です。

早稲田大学 35(19-19、16-12)31 環太平洋大学

11/10(土)12:50 大阪・サンエイワーク住吉スポーツセンター

以上の通り勝利いたしました。

この試合の写真はこちら

早稲田スポーツの記事はこちら

【戦評】

学生日本一を決める大舞台、全日本学生選手権(インカレ)が開幕した。日本一を目指す早稲田は、序盤からエンジン全開。高橋拓也(人科4年、群馬・富岡高)の相手を引きずりながらのポストシュート、三輪颯馬副将(スポ科4年、愛知高)の速攻、サイドシュートで3点を先行する。前半序盤は早稲田のペースで試合が進んでいった。しかし、中盤からオフェンスでのミスが多くなり、徐々に相手に流れが移っていく。ミスからの逆速攻、セットディフェンスでも相手の走り込んだロングシュートに対応できず、ついに逆転を許す。シュートが決まるたびに大歓声の相手に対し、早稲田は苦しい展開であまりムードも上がらず。なんとか終盤に途中出場の宮國義志(社学3年、沖縄・浦添高)などのシュートもあり同点で終えたものの、あまりいいイメージを持てずに前半を終了した。

オフェンスのキーマンでもある小畠が9得点と爆発

後半開始直後、再三シュートを放つも相手GKに阻まれ、逆速攻で走られる苦しい展開が続いた。20-24と後半序盤で差をつけられ、秋季リーグの敗戦パターンを思い出させる、嫌な流れができてしまう。そんな中相手に疲れの色が見え始め、脚色が鈍り始めた。そしてその瞬間を見逃さず、一気に畳みかけることができるのが今年の強さでもあった。宮國のカットイン、三輪の速攻、高橋のポストシュート、小畠夕輝(スポ科4年、岡山・総社高)の強打。各々が個人の強みを生かし、役割を果たし始めると再び流れをつかみ取った。後半20分過ぎに同点に追い付くと、相手のシュートを枠外に打たせたり、シャットアウトしたりとディフェンスも機能。終盤に怒涛のゴールラッシュで突き放し、見事勝利。大事な初戦、壮絶な打ち合いを逆転で制した。

要所での得点が目立った高橋

2回戦は明日11月11日(日)13時より、大阪・丸善インテックアリーナBコートにて大同大学との対戦です。

応援よろしくお願いします。

三年 佐藤慎太郎

NO. 選手名 前半 後半 合計
2 山﨑純平 2 0 2
3 伊舎堂博武 3 2 5
4 小畠夕輝 5 4 9
5 高橋拓也 2 2 4
6 宗海皓己 0 0 0
8 前田理玖 0 0 0
9 四十宮実成 0 0 0
10 山本慶 0 0 0
17 清原秀介 2 1 3
18 三輪颯馬 4 3 7
19 遠藤瞭 0 0 0
21 福田友貴 0 0 0
22 宮國義志 1 4 5
合計 19 16 35

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です