【男子】秋季リーグ第4戦 中央大学戦

本日行われました秋季リーグ第4戦・中央大戦の試合結果です。

早稲田大学 24(13-9、11-13)22 中央大学

9/14(土)10:30 中央大学多摩キャンパス

以上の通り勝利いたしました。

この試合の写真はこちら

【戦評】

3連敗で臨んだ第4戦中央大学戦。相手の強烈なディスタンスで先制を許したものの山本慶(スポ科3年 長野・屋代)のかっといんですぐに取り返す。序盤はミスが目立ったものの、中盤以降は落ち着き拮抗した展開に。そんな中、秋季リーグ好調の宮國義志(社学4年 沖縄・浦添)のディスタンスシュートなどで効果的に加点していった早稲田が徐々にリードを奪う。速攻でのシュートを立て続けにセーブされるなど決していい流ればかりではなかったものの、GK羽諸大雅(スポ科4年 千葉・市川)を中心とした粘りのディフェンスでリードを保つ。前半ラストプレーでは速攻から前田理玖(スポ科3年 福井・高志)が相手の2分間退場を誘い、7mスローも決める。いい形で前半を終え、初勝利への道筋が開けた。

羽諸の好セーブがチームを救った

後半開始後の数的優位の時間帯では1得点しかできず、その後2失点。嫌な雰囲気が流れかけたが、一気に流れは変わった。中村祐貴(スポ科3年 北海道・札幌西)が速攻でこの試合初得点を奪うと、その後に中村、宮國、前田、中村と4連続得点。19-12と大きくリードを広げた。しかし中央大も簡単には引き下がらない。相手タイムアウトをきっかけに5連続失点と2点差に詰め寄られ、その時間帯はオフェンスで全く攻めきれず苦しい時間帯となった。追い付かれれば勝てない、という過去の悪夢も頭をよぎる中、同点を許さない強さが今日はあった。髙橋幸太(法4年 東京・早大学院)が気迫のプレーで7mスローを獲得すると、宮國が決め連続失点をストップ。退場も重なり苦しい時間は続いたが、数的不利の時間にも青沼健太(社学2年 千葉・昭和学院)のスカイプレーや山本の角度のないシュートが決まり、なんとかリードを保つ。最後まで気の抜けない展開となったが、大事な場面で清原秀介主将(商4年 東京・早実)のインターセプトからの速攻、阿南遼星(スポ科3年 大阪・大体大浪商)のディスタンスシュートもバーで跳ね返ったボールが相手キーパーに当たって決まり、相手の追撃を振り切った。課題だったラスト10分での得点もしっかりと生まれ、価値のある秋季リーグ初勝利となった。

ペナルティを獲得し流れを変えた髙橋

 

次戦は明日9月15日13時10分より、中央大学多摩キャンパスにて国士舘大学との対戦です。

応援よろしくお願いします。

四年 佐藤慎太郎

No. 選手名 前半 後半 合計 通算
2 清原秀介 1 2 3 10
3 前田理玖 3 1 4 16
5 中村祐貴 0 3 3 4
6 阿南遼星 0 1 1 4
7 小林春慶 0 0 0 0
8 髙橋幸太 0 0 0 2
9 岡本隼 0 0 0 3
10 青沼健太 1 1 2 7
12 中村匠(GK)
14 山本慶 3 1 4 18
15 山田和直 0 0 0 1
16 羽諸大雅(GK)
18 島田将平 0 0 0 0
20 原遼太 0 0 0 1
22 宮國義志 5 2 7 27
24 福田友貴 0 0 0 0
13 11 24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です