一般入試

 齊藤孝佳 

(人間科学部4年 城北埼玉高)

僕は早稲田大学に一般入試で入学しました。早稲田大学に入学しようと思ったきっかけは、学生ハンドボール界のトップレベルでプレーをしたいと考えたからです。僕の通っていた中学・高校は弱小校でした。全国大会に出場した経験もありません。そこで、おそらく最後の選手生活になるであろう大学では学生ハンドボール界トップレベルの早稲田大学でどうしてもプレーをしたいと高校生の時に考えるようになりました。ただし、当時の僕の成績は学年の中でも下の中くらいでした。当然、友達や先生方には無理だろうと言われていました。何度も挫折しそうになりました。しかし、どうしても早稲田大学でハンドボールをしたいというモチベーションのおかげでなんとか合格を勝ち取ることができました。
早稲田大学ハンドボール部には、大学入学以前に全国大会を経験した選手もいれば、僕のように全国大会を経験していない選手がいたりと、様々なハンドボール歴の選手がいます。もちろん、入部当初は能力に差がありますし、練習をこなすだけでも厳しいこともあります。実際に僕がそうでした。しかし、早稲田大学ハンドボール部はハンドボールへの熱意と真摯に向き合う姿勢がある選手を快く受け入れてくれる最高の環境です。早稲田大学でハンドボールをしたいと思っている高校生の皆さん、これまでのハンドボール歴なんか関係ありません!最高の環境で共に切磋琢磨しましょう!

受験方法の詳細はこちら(外部リンク)》

「受験生へ」のページへ戻る