トレーナー希望の方へ

仕事内容

・メディカルトレーナー

内容:リハビリテーション、テーピング、障害予防トレーニング指導

目的:リコンディショニング、障害予防

・ストレングスコーチ

内容:ウエイトトレーニング、動きづくりの指導

目的:競技力向上、障害予防

・コンディショニングコーチ

内容:アジリティートレーニング、動きづくりの指導

目的:競技力向上、障害予防

 

こんな人募集しています!

・4年間、全力で頑張ることのできる人

・チームの勝利のためにサポートできる人

・常にチーム全体を広い視野でみることができる人

 

※男子部女子部共に、トレーナーの性別や学部は問いません


村田恭平

(スポーツ科学部3年 長野・屋代高)

男子ハンドボール部担当

現在、男子ハンドボール部では学生トレーナーを募集中です。性別や学年、入部するきっかけは問いません。将来トレーナーになりたいという明確な志がある方も、なんとなくトレーナーに興味がある、ハンドボールは好きだけど選手はちょっと、、、という人でも大歓迎です。私は中学、高校でハンドボールをしていました。体力に自信がなく、大学でハンドボールを続けるのは難しいなと思っていました。それでもハンドボールは好きなのでハンドボールに関われることがしたいと思っていたので、興味があった学生トレーナーとしてハンドボール部に入部しました。

男子ハンドボール部の学生トレーナーの仕事は主に2種類あります。1つはメディカル的な内容です。具体的にはリハビリテーション指導や選手の体のケアなど、怪我をした選手の競技復帰までのサポートです。また、練習や試合中にケガをした選手の応急手当や、テーピングや傷害予防トレーニングの指導等も随時行っています。もう1つはストレングス・コンディショニングです。具体的にはウエイトトレーニングの指導、練習や試合前のウォーミングアップの指導です。トレーナーは選手のように試合で活躍したり、表立って目立つことは決してありませんが、チームの勝利に関わる非常に重要な役割です。また、選手の一番近くで苦楽を共にできる魅力的な役割でもあります。

ハンドボール部は学生主体のチームなので、選手も学生トレーナーも良くも悪くも自由に活動できます。自分たちがやりたいと思ったことや必要だと思ったことを自分たちで考えて行うことができます。学生スタッフの意見も快く受け入れてもらえるし、自分だけではできないことでも選手やスタッフが必ず協力してくれます。

自由なチームで共に学び、協力し、高め合える仲間を探しています。学ぶ意欲さえあればどんな人でも大丈夫です。少しでも気になったら一度見学に来てみるのもアリです。東伏見スポーツホールでお待ちしております。

村田(写真中央)


石毛明日香

(スポーツ科学部三年 千葉・稲毛高)

女子ハンドボール部担当

こんにちは!学生トレーナー3年の石毛明日香です。

女子ハンドボール部でのトレーナーの仕事は大きく分けて3つあります。一つ目は選手の怪我に関する仕事です。具体的には選手が怪我をしたときの救急対応、その後のケアやリハビリのサポート、傷害が発生する前の安全管理などがあります。また、復帰直後の選手や希望する選手にテーピングを巻くこともあります。スタッフの方々との連携も大切な仕事の一つです。二つ目は選手のコンディショニングに関する仕事です。具体的にはウェイトトレーニングやランニングトレーニングなどのメニューの作成、体調管理、試合前のウォーミングアップの指示があります。練習中に選手を観察してコンディションを把握するのも仕事の一つです。三つ目は用具の管理です。具体的にはテーピング、トレーニング用具の管理です。毎日消費するテーピングの在庫を確認し注文したりトレーニングで使用する用具で足りないものを注文したりします。女子ハンドボール部では、メディカル系の分野とコンディショニング系の分野が他の部活のように分かれておらず様々な仕事がありますがその分多くの経験を積むことができます。また、トレーナーの仕事はこれだけと明確に決まっているわけではないので必要だと思ったこと、やってみたいと思ったことを実行することができます。

トレーナーとして部活に入部したいと考えている人の多くは知識がないから不安を感じていたり迷っていたりすると思いますがその心配は誰もが思っているし問題ありません。私も入部当初は知識も資格もないのに大丈夫だろうかと思っていました。さらに私はそれまでハンドボールは高校生のときに授業で取り組んだくらいで全くハンドボールに関する知識はありませんでしたが、それでも先輩や社会人のトレーナーの方の指導のおかげで日々成長することができました。また、ハンド部にはスポーツ科学部で学ぶ選手が多いため怪我やトレーナーに対する理解がある選手が多く、テーピングの練習をさせてくれたりうまく説明ができなくてもある程度理解してくれたり選手が助けてくれる場面がたくさんあります。ここまで、トレーナーの役割をたくさん具体的に述べましたが、トレーナーにとって一番重要なのは選手が試合でベストパフォーマンスを発揮できるようにすることだと思います。だから、そのために全力でサポートしたいと思ってくれる人なら誰でも大歓迎です!もちろんハンドボールやトレーナーについて知りたいという人も大歓迎です!選手が試合で勝つ姿、シュートを決めてガッツポーズと笑顔で走る姿はかっこいいし感動します。トレーナーをしていて良かったなって思います。一緒にそんな気持ちを味わってみませんか?

石毛(写真右)

「新入生へ」のページへ戻る