【秋季リーグ第4戦 明治大学戦】

昨日行われました秋季リーグ第4戦・明治大戦の試合結果です。

早稲田大学 27(12-14、15-11)25 明治大学

9/19(日)11:00 東海大学湘南キャンパス体育館

以上の通り勝利致しました。

 

【戦評】

3連勝と勢いに乗って迎えた第四戦の相手は明治大。前半開始早々ポストシュートで先制されると、攻撃ではシュートが枠を外れなかなか点を奪えず、前半3分にはミドルシュートで連続得点を許してしまう。前半6分、相手のミスから神前怜(スポ科3年 埼玉・浦和実業)の速攻でようやく1点を取り返すも、相手のサイドシュートや力強いカットインに苦戦し、序盤からビハインドの展開になる。前半10分、中村匠(スポ科4年 千葉・市川)の好セーブから速攻で青沼健太(千葉・昭和学院)のロングシュートが決まり点差を縮めると、その後は一進一退の攻防となる。OFでは青沼、山田和直(スポ科3年 群馬・富岡)を中心に果敢に前を狙い、ポストやサイドにボールを運ぶも相手キーパーの好セーブに阻まれ、なかなか同点に追いつけない。それでも、菅原七海(社学3年 東京・早稲田実業)の勢いあふれるカットインや遠近拓海(教育4年 東京・早稲田実業)の間を狙ったプレーで必死に食らいつき、前半19分にようやく同点とする。しかし、OFでミスが重なりゴールを奪えない状況が続くと、ミドルシュートや被速攻で連続失点し、3点差までリードを広げられる。その後は遠近のサイドシュートや山田の力強いミドルシュートなどで食らいつくも、追いつくことはできず、2点ビハインドで前半を折り返す。

フィジカルを武器に攻守で躍動した福田

後半開始早々、村井達也(スポ科4年 富山・高岡向陵)のパワフルなカットインでペナルティースローを獲得すると、神前が落ち着いてこれを決める。前半4分、粘り強いDFから中村匠の好セーブが飛び出し、速攻から永橋優太朗(スポ科3年 千葉・市川)のシュートが決まり同点に追いつく。その後は一進一退の攻防となり、相手の力強いミドルシュートや決定率の高いサイドシュートに苦戦するも、青沼のミドルシュートや速攻で得点を重ねる。前半19分、ミスが重なり再び2点差をつけられるも、福田友貴(スポ科4年 神奈川・法政二)、中惣健友(スポ科3年 石川・小松)、永橋を中心とした粘り強いDFから、山田のスピードを生かした素早い速攻で3連続得点を決めすぐに逆転する。その後、退場によって数的不利の状況になるも、中村の好セーブや、神前の精度の高いサイドシュートが決まり、相手に流れを渡さず耐えしのぐ。後半28分、ミドルシュートで1点差に縮められるも、山田の芸術的なスピンシュートですぐさま取返す。その後も密集したDFで相手に楽にシュートを打たせず、中村の好セーブにも助けられ、何とか2点のリードを守り切った。27-25で勝利し、見事4連勝を飾った。

巧みなシュートで勝利に貢献した遠近

次戦は9月25日(土)、国士舘大学多摩キャンパスにて日本体育大学との対戦です。

応援よろしくお願い致します。

3年 小笹紘大

 

個人得点表

No.

選手名

前半

後半

合計

1

中村匠

0

0

0

2

青沼健太

3

3

6

3

佐藤法俊

0

1

1

4

福田友貴

0

3

3

5

中惣健友

0

0

0

7

菅原七海

2

0

2

8

山田和直

2

4

6

11

永橋優太朗

0

1

1

12

塚本智宇

0

0

0

13

鈴木雄大

0

0

0

14

角辻尚樹

0

0

0

16

渡辺航平

0

0

0

17

神前怜

2

3

5

18

奥村陸生

0

0

0

20

遠近拓海

3

0

3

23

村井達也

0

0

0

12

15

27