【秋季リーグ第3戦 順天堂大学戦】

昨日行われました秋季リーグ第3戦・順天堂大戦の試合結果です。

早稲田大学 26(14-9、12-13)22 順天堂大学

9/18(土)11:00 東海大学湘南キャンパス体育館

以上の通り勝利致しました。

 

【戦評】

2連勝して迎えた第三戦の相手は順天堂大。前半1分、速攻から佐藤法俊(スポ科4年 長野・屋代)のカットインで相手の退場を誘い、序盤から数的優位の状況を作る。しかし、その後の攻撃でシュートが枠を外し先制の機を逃すと、直後の前半2分、相手のブラインドシュートで先制を許してしまう。前半4分、速攻から山田和直(スポ科3年 群馬・富岡)の間を狙ったカットインでようやく一点を返す。その後は一進一退の攻防となり、相手の素早いカットインに苦戦するも、山田のカットインや神前怜(スポ科3年 埼玉・浦和実業)のサイドシュートなどで応戦する。速攻やセットオフェンスで果敢にシュートを狙うも、相手キーパーの好セーブに阻まれ、なかなかリードを奪えない。しかし、福田友貴(スポ科4年 神奈川・法政二)や中惣健友(スポ科3年 石川・小松)、永橋優太朗(スポ科3年 千葉・市川)を中心とした粘り強いDFと中村匠(スポ科4年 千葉・市川)の好セーブで流れを相手に渡さず、必死に食らいつく。前半21分、相手のミスからの速攻で村井達也(スポ科4年 富山・高岡向陵)と山田和直の連続得点が決まると、この試合で初めてリードを広げる。その後も、奥村陸生(スポ科4年 神奈川・法政二)のサイドシュートや青沼健太(社学4年 千葉・昭和学院)と村井の連続得点などで得点を重ね、5点リードで前半を折り返す。

 パワフルなプレーで得点を量産した村井

後半に入り、村井、青沼のパワフルなミドルシュートで連続得点を決めリードを広げるも、相手も素早いリスタートから得点を重ね、差を詰めようと必死に食らいつく。その後、早稲田の持ち味である堅守速攻から遠近拓海(教育4年 東京・早稲田実業)や中惣のシュートなどで得点を重ね、後半14分には鈴木雄大(政経4年 東京・早稲田実業)の初得点となる力強いポストシュートが飛び出しリードは8点に広がる。しかし、その後相手キーパーの好セーブやミスの連発によるターンオーバーが増え、被速攻やセットDFでの失点が重なり点差が3点に縮められる。しかし、最後まで集中力を切らさず粘り強いDFで相手に流れを引き渡さず、何とかリードを保ち続けた。26-22で勝利し、見事3連勝をつかんだ。

力強いポストシュートで得点を挙げた鈴木

攻での得点が光った奥村

                                          3年 小笹紘大

 

個人得点表

No.

選手名

前半

後半

合計

1

中村匠

0

0

0

2

青沼健太

1

2

3

3

佐藤法俊

0

1

1

4

福田友貴

1

0

1

5

中惣健友

0

1

1

6

長谷川靖幸

0

0

0

8

山田和直

5

2

7

9

金龍洙

0

0

0

11

永橋優太朗

0

0

0

13

鈴木雄大

0

2

2

16

渡辺航平

0

0

0

17

神前怜

2

1

3

18

奥村陸生

1

1

2

20

遠近拓海

0

1

1

23

村井達也

4

1

5

25

吉田京平

0

0

0

14

12

26