【男子】2022年度春季リーグ第6戦 対中央大学

先日行われました春季リーグ第6戦・中央大戦の試合結果です。

早稲田大学 26(13-10、13-14)24 中央大学

5/7(土): 国士舘大学多摩キャンパス体育館

以上の通り、勝利いたしました。

 

【戦評】

3連勝を狙う早稲田大学は昨年のインカレ王者中央大学と対戦した。立ち上がりは両者ともにミスが続き、先制機を逸するが、前半2分、菅原七海(社学4年 東京・早稲田実業)の力強いカットインで早稲田が先制する。しかし、その後は相手の鮮やかなカットインやパワフルなミドルシュートに苦しみ、2点のリードを許す。それでも、粘り強いDFからは神前怜(スポ科4年 埼玉・浦和実業)の速攻や白築琢磨(文構2年 東京・早稲田実業)のシュートなどで得点を重ね逆転に成功すると、山田和直(スポ科4年 群馬・富岡)が得点を量産しリードを保つ。その後も永橋優太朗(スポ科4年 千葉・市川)、狩野直樹(スポ科3年 埼玉・浦和学院)を中心とした粘り強いDFで相手に得点を与えず、また塚本智宇(スポ科3年 富山・高岡向陵)の安定したキーピングや渡辺航平(人科2年 神奈川・桐光学園)のファインセーブなどで相手の猛攻をしのぎ、13-10で前半を終える。

チーム最多8得点をあげた山田

後半開始早々、山田のミドルシュートで幸先の良いスタートを切るも、相手の堅いDFを崩せずミスを連発し点差を縮められる。それでも、白築の鮮やかなシュートや狩野のミドルシュートが決まりリードを保つ。しかし、後半20分を過ぎるとOFでのミスが目立ち、相手の力強いカットインやミドルシュートなどで1点差まで詰め寄られる。さらに、後半26分には2分間退場を食らい、1点差の場面で数的不利の状況に陥り苦しい展開を迎える。それでも、狩野の気持ちのこもったミドルシュートや白築のパスカットから速攻が決まり、リードを守り抜く。その後も集中力を切らさず、粘り強いDFで相手のミスを誘発し、最後までリードを守り通した。何度も苦しい状況を迎えるも、持ち味である「堅守速攻」を発揮した早稲田は26-24で中央に勝利し、見事3連勝を飾った。

大事な場面で得点を重ねた白築

 

次戦は5月14日(土)、三郷市総合体育館にて立教大学との対戦です。

応援よろしくお願い致します。

四年 小笹紘大

 

個人得点表

No. 選手名 前半 後半 合計
2 永橋優太朗 0 0 0
3 角辻尚樹 0 0 0
4 神前怜 3 1 4
5 中惣健友 0 0 0
6 山田和直 4 4 8
7 菅原七海 3 1 4
8 奥崇大 0 0 0
9 小笹紘大 0 0 0
10 田井健志 0 0 0
11 狩野直樹 1 3 4
12 渡辺航平 0 0 0
15 白築琢磨 2 4 6
16 塚本智宇 0 0 0
23 守屋雄司 0 0 0
26 西村悠吾 0 0 0
27 外種子田崚汰 0 0 0
13 13 26

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です