【女子】秋季リーグ第3戦 東海大学戦

本日行われました秋季リーグ第3戦・東海大戦の試合結果です。

早稲田大学 17(7-16、10-13)29 東海大学

9/20(日)14:00 東京女子体育大学

以上の通り敗戦致しました。

写真はこちらから

【戦評】

2連敗でむかえた第三戦。試合開始早々、ミスから逆速攻で失点し出鼻をくじかれる。なんとか踏みとどまろうと衣川直緒(社4 愛知・星城高)などが得点するものの、東海大の早いリスタートにより休む暇もなくカットインで4連続失点し2-6と、完全に東海大ペースに。5-10までの10失点のうち5点が逆速攻での失点となり、東海大の思い通りの試合運びが続く。しかし前半中盤、本リーグで活躍を見せる1年生の村上楓(スポ1福岡・明光学園高)がペナルティスローを獲得。人数有利も得ることとなり、希望の光が見え始める。しかしこのペナルティスローが決まらず、その後も人数有利の時間に点差を詰め寄ることができない。試合終盤も逆速攻からの失点が続き、早稲田が1得点する間に東海大は5得点。7-16と絶望的な状況で前半を終える。

悪い流れを断ち切るきっかけを作った村上

 

どうにかして点差を詰めたい後半だったが、後半開始早々から逆速攻も含め4連続失点。7-20というスコアに選手たちの希望は打ち砕かれた。しかしこの絶望的な状況でチームを鼓舞したのは、村上と同じく1年生のゴールキーパー、川村夏希(スポ1 東京・佼成学園高)。後半6分に東海大のノーマークシュートを2連続セーブすると、チーム後方から積極的に声をかけチームの立て直しをはかる。そんな下級生の活躍に応えるように、後半8分には主将吉田瑞萌(スポ4 東京・佼成学園高)がカットインで今日2得点目のシュートを決める。後半11分から15分まで人数有利の時間が続き、主導権は早稲田に移ると思われた。しかしこの場面でもゴールに嫌われ、バーに当たる、相手キーパーの好セーブなど、流れに乗るための最後の一押しが出なかった。それでも試合終盤には主将の吉田が粘りの2連続得点を決めるものの、前半についた圧倒的大差は覆すことができず、17-29と大敗を喫した。

川村は後半30分を通して好セーブを連発した

 

次戦は9月27日(日)17時から、東京女子体育大学との試合となります。

応援よろしくお願いいたします。

4年 大瀧真生子

1 三浦千夏 0
2 吉田瑞萌 1 4 5
3 垣内美春 0 0 0
4 岡崎麗 0 0 0
5 衣川紗菜 0 1 1
6 山根萌 0 0 0
7 衣川直緒 2 1 3
8 阿部美幸 3 2 5
9 桐林香奈 0 0 0
10 紅林詩乃 1 1 2
11 江連織圭 0
12 佐藤優花 0 0 0
13 柳谷麻子 0 0 0
14 阿部史歩 0
15 川村夏希 0
16 村上楓 0 1 1
17 青木里奈 0 0 0
18 浦野詩織 0

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です