【男子】春季リーグ入れ替え戦 桐蔭横浜大戦

本日行われました春季リーグ入れ替え戦・桐蔭横浜大戦の試合結果です。

早稲田大学 30(11-13、14-12、1-2、4-2)29 桐蔭横浜大学

5/26(日)14:30 国士舘大学多摩キャンパス

以上の通り勝利いたしました。

この試合の写真はこちら

【戦評】

春季リーグ閉幕から1週間、二部リーグ2位の桐蔭横浜大と一部の座をかけて入れ替え戦を戦った。何としても二部降格は避けたい早稲田。清原秀介主将(商4年 東京・早実)の速攻で先制し、ケガからの復帰戦となった青沼健太(社学2年 千葉・昭和学院)も得点を挙げるなど上々のスタートに見えた。しかし、そこからミスを連発。その間に逆速攻で次々に失点を重ね、リズムをつかめず5点リードを奪われる。なんとか食らい付きたい早稲田はタイムアウトの後、村井達也(スポ科2年 富山・高岡向陵)が獲得した7mスローを前田理玖(スポ科3年 福井・高志)が決めると流れが変わる。落ち着きを取り戻し、どんどんと差を詰めていく。追い付きはできなかったが、2点差と差を詰めて前半を終えた。

ケガからの復帰戦で得点を決める青沼

逆転のきっかけをつかみたい早稲田だったが、なかなか失点を防ぐことができない。山本慶(スポ科3年 長野・屋代)、青沼、前田と得点をあげられはするものの、相手のシュートが止まらない。退場者も出て苦しい時間帯も長かったが、GK中村匠(スポ科2年 千葉・市川)が7mスローをしのぐなどなんとか耐えしのぎ、ついに後半18分に同点に追い付いた。そして25分についに逆転に成功した。さらに残り2分で相手が退場し、後半終了まで数的優位となった。勝利まであとわずか、というところまで迫ったが、残り15秒で同点弾を決められる。入れ替え戦はまさかの延長戦へと突入することに。

前田は今季最多の1試合13得点

10分間の延長戦、前半は青沼の1点のみで2失点とまさかのビハインド。二部降格も頭をよぎるような苦しい展開となったが、諦めていなかった。後半、相手のミスが続く間に前田のスピンシュート、速攻。そして山本の連続カットイン。一気に逆転成功し、残り1分。手に汗握る熱戦は、なんとか1点差で早稲田の勝利。意地で1部残留を決め、試合終了後には安堵の表情が見られた。

この試合の勝利で、1部残留が決まりました。

応援ありがとうございました。

四年 佐藤慎太郎

No. 選手名 前半 後半 延長前半 延長後半 合計
2 清原秀介 2 1 0 0 3
4 山下翔平 0 0 0 0 0
6 阿南遼星 0 2 0 0 2
9 岡本隼 0 0 0 0 0
10 青沼健太 1 2 1 0 4
11 遠藤瞭 1 1 0 0 2
12 中村匠(GK)
14 山本慶 1 2 0 2 5
15 前田理玖 5 6 0 2 13
16 羽諸大雅(GK)
17 菅野空 0 0 0 0 0
20 原遼太 0 0 0 0 0
23 村井達也 0 0 0 0 0
24 福田友貴 0 0 0 0 0
26 佐藤法俊 0 0 0 0 0
31 山田和直 1 0 0 0 1
11 14 1 4 30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です