【男子】春季リーグ第8戦 東海大戦

本日行われました春季リーグ第8戦・東海大戦の試合結果です。

早稲田大学 23(9-12、14-12)24 東海大学

5/11(土)13:10 埼玉県三郷市総合体育館

以上の通り敗戦いたしました。

この試合の写真はこちら

【戦評】

宮國義志(社学4年 沖縄・浦添)のディスタンスシュートで先制するが、それ以降数分はお互いにミスが目立ち、動きのない展開が続く。4分に初失点すると、そこから連続失点を喫する。一方オフェンスでは勝負所がつかめず、苦しい体勢でのシュートを打たされ全く決まらない。ようやく9分に中村祐貴(スポ科3年 北海道・札幌西)のポストシュートが決まり、宮國、清原秀介主将(商4年 東京・早実)、前田理玖(スポ科3年 福井・高志)と得点をあげていく。そして中村祐の連続得点で前半15分、ついに同点に。メガホンで応援する選手たちの期待も高まったが、それ以降で2得点しかできず。対する東海大はミスをしながらも、こちらの隙をついて着実に得点。3点のビハインドを背負って後半へ。

7得点の宮國

なんとか逆転勝利を狙う早稲田は、失点しながらも前田のサイドシュート、山田和直(スポ科1年 群馬・富岡)のロングシュート、阿南遼星(スポ科3年 大阪・大体大浪商)のカットインで応戦。するとディフェンスのリズムもだんだんと良くなっていき、相手のミスを誘発する。そして後半10分、山本慶(スポ科2年 長野・屋代)と前田の連続速攻でついに同点に追い付いた。このまま勢いに乗りたいところであったが逆転とはならず、今季の早稲田を象徴するようなもどかしい展開となった。常に2点差を追いかけるような状況、残り10分。流れが変われば逆転可能な点差だが、大事なところでの一本が決まらない。ディフェンスでの粘りも実らず、またも1点差での敗戦。5敗のうち3つが1点差、1つが2点差と接戦での敗戦が目立つ。次週最終戦となるが、なんとか大事なところでの一本を決め、春季リーグの収穫としたい。

攻守で活躍した中村祐貴

 

次戦は5月18日13時10分より、国士舘大学多摩キャンパスにて国士舘大学との対戦です。

応援よろしくお願いします。

四年 佐藤慎太郎

No. 選手名 前半 後半 合計
2 清原秀介 1 0 1
4 山下翔平 0 0 0
5 中村祐貴 3 2 5
6 阿南遼星 0 3 3
7 小林春慶 0 0 0
11 遠藤瞭 0 0 0
12 中村匠(GK)
14 山本慶 0 1 1
15 前田理玖 2 2 4
16 羽諸大雅(GK)
20 原遼太 0 0 0
22 宮國義志 3 4 7
23 村井達也 0 0 0
24 福田友貴 0 0 0
31 山田和直 0 2 2
37 永橋優太朗 0 0 0
9 14 23

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です