【女子】秋季リーグ最終節 日本体育大戦

本日行われました秋季リーグ最終戦・日本体育大学戦の試合結果です。

早稲田大学 22(6-15、16-10)25 日本体育大学

10/7(日)11:20 東京女子体育大学

以上の通り敗戦いたしました。

写真はこちら

【戦評】

2018年度秋季リーグの最終戦、対日本体育大学(以下、日体大)戦は、今季の中で最も苦しい立ち上がりとなった。序盤から日体大の高いディフェンダーに苦しめられ、吉田瑞萌(スポ2 東京・佼成学園女)を筆頭とした攻撃陣が思ったようにシュートを打たせてもらえない。そして得点できない焦りからかミスが増え、日体大の十八番である速攻で失点という展開が続き、前半21分で2-10と大きく離される。高田紗妃主将(スポ4 福岡・西南学院)も速攻で粘るが、日体大の勢いを全く止められず、6-15と絶望的な点差で前半を折り返す。

チームを鼓舞する主将の一発(高田)

 

なんとか反撃したい後半、日体大に先制されるものの、選手たちは諦めなかった。後半2分、エース吉田のミドルシュートを皮切りに圧倒的なプレーを見せる。堅い守りからミスを誘うと、今季目指してきた『守備からの速攻』という理想的な形で次々と得点。9点差を盛り返し、後半26分の土壇場で21-23と2点差までつめより、なおかつ流れは早稲田にあった。しかし、ペナルティーシュートを日体大GKに阻止され、簡単なパスミスから相手に得点を与えてしまうなど、勝つためのあと1点が出ない。そして後半28分、日体大にダメ押しの1点を与えてしまい21-24と打つ手がなくなった。目の前にあった大逆転というシナリオを逃してしまった早稲田、最後の最後に苦い敗戦となった。

後半だけで7得点の吉田

本日をもって2018年度の秋季リーグは閉幕となりました。

たくさんの応援、誠にありがとうございました。

二年 大瀧真生子

【個人成績表】

No. 選手名 前半 後半 合計 通算
2 高田紗妃 1 0 1 4
3 金庭亜季 5
4 久保涼子 0 2 2 15
5 江島朋夏 0 0 0 4
6 山本彩椰 0
7 楯如美 0
8 杉山瑞樹 0 2 2 19
9 伊地知華子 0 1 1 3
10 鳥平知穂 0 0 0 0
11 富永穂香 2 3 5 34
14 衣川直緒 0 2
15 吉田瑞萌 3 7 10 42
17 衣川紗菜 0
18 山根萌 0 0 0 0
19 島崎愛 0 0 0 3
20 垣内美春 0
21 岡崎麗 0 0 0
22 阿部美幸 0 0 0 8
23 桐林香奈 0
24 紅林詩乃 0 1 1 6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です